記事一覧

    本牧ソープ研、事実上解散。涙の解散式。

ファイル 459-1.jpgファイル 459-2.jpgファイル 459-3.jpg

海ゆかば~、、山ゆかば~、、そんな感じの?しんみりムードの中、2人は本牧BASEを後にしました。事実上の”本牧ソープ研”解散です。今まで一緒になってバカやってきた仲間が減るとですね、、誰だって凹みますよ。(涙)彼ら(本牧サーファー)の新しい一歩にですね、皆さんも熱いエールを送ってくださいね。ソープ研ファンの皆さん、今までありがとう!!

と、言う事で、僕1人になった元ソープ研!これからどうするか~、、と書いている時には既に考えがありまして、、新たにメンバー募集で~す!取り合えず学生時代の仲間、越川(河口湖にて大工兼、スバルチューナー兼、レーサー)とさんちゃん(ホンダ技研工業、狭山勤務)にラブコールしてみる!どうですか?

  

    2008年全日本ダウンヒルダービー観戦。 みんなヒーローだった。

ファイル 321-1.jpgファイル 321-2.jpg

本牧戦線SachsBlog中、最も難解なカテゴリーが”ソープ研”。ユーロ圏の主要自動車メーカー(Porsche、Ferrari、Volvo、Lotus、Bentory、etc、、、)も真剣に取り組むエンジンレスの慣性駆動(坂を下る)レース。
エコロジーと究極のミニマムフリクションとマキシマムトラクションが要求される、今最も注目(されてもいいのにね~)のレースなのだ!実は今年途中まで、僕ら”本牧ソープ研”もマシンを製作して今回のレースに出場~っ!って考えていたのですが、当日は東北地方3店舗連合ノルドオステンイベントと重なり、あえなく断念!来年はノルドオステンをキャンセルしてでも出場したいと思っております。事務局の皆さん!宜しくお願いします。今回エントリーされた皆さんっ!素晴らしいマシンと走りに感動しました!ありがとう。来年は僕らも出場します!負けませんよ~。

先ほど事務局の天野さんよりメール連絡を頂きました!Team本牧ソープ研、次回の仮参加受理とゼッケン503番の予約承諾頂きました!ありがとうございます!!来年に向けて早速活動開始しますね!

撮影協力 NPO全日本ダウンヒルダービー協会&エントラーの皆さん。

  

    ソープBOXレース研究会、略して”ソープ研”!夏の陣、再開。

ファイル 270-1.jpg

本牧戦線SachsBolg中、最も難解なカテゴリーがソープBOXレース研究会、略して”ソープ研”。エンジンレスのマシンで坂を下る!と言ったとってもシンプルでECOなレースなんですよ~。んで、この慣性駆動のレースが世界有数の自動車メーカーさん(ボルボ、ロータス、フェラーリ、ベントリーetc、画像はPorsche社のマシン)の中で物凄く白熱している!各メーカーさんの開発費用も白熱中!って事は過去のログ(分類SoapLabo)をご覧になってくださいね。そんなかんなでミニマムフリクション、マキシマムトラクションを追求する僕らとしてもソープBOXレースに出るぞぃ!と、意気込みだけのソープ研に朗報?が持ち上がりましてココデちょこっとご紹介。

先日、富士スピードウエイBMWファミリーエ事務局さんと別件でお話しさせて頂く機会がありまして、話しついでに「富士ファミリーエでソープBOXレースしませんか?」と切り出した所、「興味ありますよ」と好印象!?僕の構想ではこんな感じです。

1)丸々1日BMWイベントの10分だけコースを専有させてもらう。コースは第1ヘアピン明けからコカコーラコーナー手前の下り坂とする。(グリーンライン参照)計測は手動。
2)第1回の今回は時間的制約もありエキシビジョン(既成事実を作る事が目的)とする。エントラーは業界関係者各位から雄志2チームでOK(僕らと、、指名させて頂けるのであれば”橋本コーポレーション”さん!宜しくです)。
3)マシンのレギュレーションは、BMWのイベントなのでBMWのアイコン、デザインを取り入れる事。後は随時連絡。
4)後方支援に関しては、afimp誌多田編集長、熊崎副編集長の全面バックアップ!亀有のもつ煮屋さんで稟議済み(本当です)エキシビジョンレースと共にECOエンジニアリングに積極的に取り組む姿勢をフォーカスして頂き、企業価値を全面アピールして頂く。(参加企業の株価上昇¥に貢献)
5)上記4項目に加え、親子でマシンを組み立て>「親子のコミュニケーションとクルマ文化の向上」を最終目標とする。その重要性に気が付いた企業からのバックアップは凄い気がするんだけど、、、

以上、こんな感じで事務局の小玉さん!そして富士スピードウエイ、エクスクルーシブアドバイザーの中島先生っ!何卒宜しくご検討お願いいたします。それからCOX茂木次長っ!10月19日のご提案もこんな感じになりますので、事前閲覧お願い致します。

最後に、この本牧戦線SachsBlogをごらん頂いている読者様の中で、「このレースに興味アリっ!」って方がいらっしゃいましたら是非とも応援メールを僕宛に下さいませ。冗談まじりで書いちゃいましたが、今僕らクルマ好きおじさんがやるべき事が集約された企画だと真剣に思ってます。どうか、次につなげる、、身近な若者に「クルマ、操縦は楽しい」を一緒に伝えてゆく手段としても応援、声援をおまちしております。

  

    ソープ研ニュース ScuderiaFerrariBoxCompetitionローンチ!その名もXFX(笑)

ファイル 217-1.jpg

本牧戦線SachsBlog中最も難解なカテゴリー”ソープ研”の時間がやって参りました!コアなファンな方だけ着いて来てくださいね。さて、ソープ研!ようやく僕らの活動趣旨が多方面の方々にご理解頂けるようになり、ちょっと嬉しいです。今回は、各自動車メーカーとクルマ文化継承を担った、世界のソープ研仲間?の活動報告です。
マンジヤッレ!カンターレ!アンモーレ~っ!イタリアでも盛り上がって来てますよ~ソープ研(SoapBoxRace)♪写真はスクーデリアフェラッリクラブオブイタリアチーム製作のソープBOXレースマシン、その名も”XFX(エクスエフエクス、、どこかで聞いた車名ですね)”ホントにF社総本山イモラコースにてテストを完了して日本時間の今日午後9時、ミラノ、カナルド広場(Piazza Cadorna)の坂にてスタートです。それにしてもXFX、、マラネロ(F社ワークス)のエンジニアリングが一部投下されたスーパーマシンのようで、ノーズの造型何かは往時のフェラーリF1マシンを忍ばせますし、何よりボディカラーが美しい!エンツヲ氏拘りの「FのRedは血の色を、、」を忠実に再現しているように思います。

情報提供 afimp熊崎圭輔副編集長(ソープ研所属)
       ScuderiaFerrariClubOfItaly TeamAdorianoZocca

  

    4月の”ソープ研”、課外授業に出かけました。

ファイル 187-1.jpg

本牧戦線Blog(命名 松延秀夫氏)中、最も難解なカテゴリー”ソープ研”。それはSACHSにおける振動制御ミニマムフリクションbutマキシマムトラクションを実戦する研究員(生井信久&門橋ヨシユキ&僕&新入り熊崎圭輔さん)の活動をお届けするログであります。前回のご報告通り、大幅に方向転換(予算の都合上)してソープボックスダービーにチャレンジ途中ですので、引き続き皆様からの熱いご声援を宜しくお願い致します!予算がう~んと軽くなった事で、気分もとっても楽です。先ずはレースを楽しむ事!大事な事を忘れる所でした。数年前に過熱したメーカーR&D系の1台に数億かけたソープボックスマシン(LOTUS、BENTLEY、VOLVO、PORSCHE、etc)それはそれで素晴らしいと思いますが、そんな予算たっぷりのR&Dチームからも疑問が出てきているのも事実です。今日の午前中、研究員の熊崎さんから「TeamBentleyも方向転換のようですっ!」と、メール連絡してくれました。チーム名は”BentleyGreenpowerTeam”新体制は僕らと同じリサイクル&エコロジーのようで、ニューマシンのパーツ構成を見てもミシュランの自転車用20インチタイヤ、ブレーキはMTB用の市販品アヴィドのローター&キャリパーでしたから、、ローコストでもう一度参戦の意義を考える!と、言った感じだと思います。因みにチームの運営はBENTLE ACADEMY!(ベントリー学院、、入学したいですね)僕らもソープ研からソープ学院に組織名変更かな?、、余計に怪しまれそうです。

さて、チーム員の息抜きと言いますか、課外授業に出かけてきました。(ただ僕が見たかっただけです)目的はJAXAの超超高速風洞見学。ソープ研とは、、あまり関係はないんですが、イイ物が沢山観れました。音速を、大気圏を越えるためのプロセスとツールの一片を垣間見れた事は僕にとって貴重な体験でした。


撮影協力 独立行政法人宇宙航空研究開発機構

  

    3月の”ソープ研” 1/1の2次元モデルを工作。本牧の”ノッポさんとゴン太君”(作)

ファイル 163-1.jpg

でっきるっかな?でっきるっかな?ハテハテフフゥ~ン♪良い子の皆さ~んっ!SachsBlogのカテゴリー中、最も難解な”ソープ研”の時間ですよ~っ。本日の”ソープ研”実は重大発表があります!僕の中でこの”ソープ研プロジェクト”において壮大な予算を引き出す構想があったんですね。それ頓挫しましたぁ~。セグウェイ用のミシュランハニカムタイヤを借用&先進性を重視する関連企業からの莫大なサポートを獲得!!成らずデス。チーム員のみんな、、ゴメンね、合宿も当日の参戦も全て実費だよ。因みにミシュランハニカムタイヤはUSA主導らしく、、アンタッチャブルの最たる企業機密!だそうです。まあ僕以外に欲しがってる方々は皆、粘性企業の研究員さんでしょうからご存知だと思います。そんなかんなで路線変更の”ソープ研”新たなテーマ”リサイクル”で進行します、、と言うか吹っ切れました。僕らレベルで出来るマシンをできるかな?します。引き続き応援宜しくお願い致します!事務局の皆様っ!参戦申し込みは5月中になりそうです。何卒、宜しくお願いたします。

チーム員連絡!
今となっては無意味かもしれない大型風洞実験室(独立行政法人施設)への見学は続行します!4月20日、三鷹駅前に朝9時に集合!自前の安全ヘルメットを忘れずに持参する事!ハシェット婦人画報社の松延シニアエディター様のご参加もお待ちしております!以上。敬礼っ、解散っ!

  

    ネバーランド吉田社長も応援する”ソープ研”2月の本牧会議!

ファイル 139-1.jpg

またまた始まります!SachsBlog中、最も難解な”ソープ研”いよいよ具体的な進行になってます。ソープ研の詳しいご説明は右側の分類一覧>SoapLaboの過去ログをご覧になってみて下さい。何度も申しますが、我々本牧ソープ研は真剣です!振動制御を実戦するべくのプロジェクトですからね♪さて、昨日のお昼休みに研究員(荷捌き部隊兼任、詳しくはHANSブログをご参照下さい)2名を会議室に呼び出して会議の図です。何事も先ずは”カタチから入る”僕らにとってボディデザインが1番優先!って訳で3タイプのボディを書き出してみました。(実は未だレースレギュレーションを把握してません、規定に合致しないデザインも含んでいると思われます)写真2段目がそれぞれのボディ形状とドライビングポジションで、上から「古典的typ1」、中段「バイクのライディングポジションを取り入れ、腰痛持ちの方々にはとっても有効なんじゃないかな?なんて思われるtyp2別名、ルイジコラーニ先生へのオマージュ号」そして下段、最も危険な匂いのする「typ3、別名回天改」。今のところスタンダードなtyp1デザインで進行しております。まあ、現在のプロジェクト総予算¥5万円也!ですから凝った造型は無理です。写真下段左2番目のマシンは”ふと!”思いついたディメンションでこれも有力候補です。しかし研究員からは「しょうじさん、、格好悪~い」と非難されてますが、、後はデザインでしょう!最終はSachsBlogメンバー(SAF正式にはSachsAcievedFhotorelation)のKEOさんに線描いてもらおうと思ってますの宜しくお願いします。で、肝心な制御(ダンパー1本で4輪を制御する)部分は秘密です!描きましたが、レース直前での発表になると思います!次回の”ソープ研”までには我々の正式チームロゴが発表出来ると思います。ネバーランドの吉田社長っ!期待していて下さいね~っ。

現在本牧SoapLabo(ソープ研)ではスポンサー企業様を大募集しております!「こいつらに遊ばせてやろう!!」と言う企業様っ!(いるかな?)是非とも宜しくお願い致します。(半分本気)

  

    久々の”ソープ研” VOLVO社の実例。

ファイル 116-1.jpg

先ほど、弊社定例会議の前に、ソープ研メンバー(僕&生井、門橋)に「今年の9月28日にデヴィュー戦決定!」を伝えました。SACHSブログ中、最も難解なソープボックスダービー研究所、略して”ソープ研”の応援を引き続き宜しくお願い致します。我々にとってこのチャレンジは「振動制御の実戦」であり、本来ならエンジン付き車両(クルマ)で何らかのプロジェクトを進行したいのですが、何せ予算がありません。ローコストでダンパー効果を体感、実証できる(&楽しい、、かな?)レースを消去法で選択した結果、慣性でただ下るだけのレース、ソープボックスダービー&ダウンヒルダービーへのチャレンジです。また、ソープボックスダービー日本の理事長への信奉(宣伝?)も兼ね、企業アピールを”たてまえ”に楽しも~!とも思ってます。因みに理事長はBMW/LMP12(勿論SACHSダンパー実装)を駆って見事ルマンウイナーを勝ち取った関谷選手です。
現在ソープ研での決定事項はただ一つ。イタリアSACHS生産の高精度ステアリングダンパー(MOTO用)を1本だけ使って可能な限りホイルを制御する事。ダンパー1本でフロント左右を制御しているFomelBMWの実例がありますから、まあ何とかなるでしょう。写真は2004年にVolvo社が正式発表した”ExtremeGravityCar”というソープボックスマシンです。(オフィシャルPhotoを拝借しました)フロントセクション左右に小さなダンパーが2つ、スタビ小型ホイルのアーム部左右に、何らかのダンパー制御があるように思います。我々は1本制御に拘ってトライしたいと思います。

  

    第一回”ソープ研”会議。

ファイル 50-1.jpg

ソープボックスダービー研究会、略して「ソープ研」。第一回会議なのですが、皆忙しくて僕だけ参加?です。坂を下る慣性だけが推進力ですから、ホイル振動のロスを無くすだけでタイムUpにつながるハズ!と考えております。実際のレースレギュレーションは未確認ですが、”僕らレベルで実戦出来る動体振動制御”の活動コンセプトですから、ダンパーを使う事に意義があります。で、出来れば本格的なプッシュロッドを搭載したいなあ、、などと思っていたら、丁度いい見本CGを入手しました。CarreraGTフロントセクションです。明日、このCG画像を元に皆で会議したいと思います。因みに赤いダンパーは勿論SRE-SACHSです。

  

    最新の石鹸箱。ソープ研発足の瞬間。

ファイル 7-1.jpg

ロータス119Cと言うレーシングカーです。慣性のみで走行タイムを競うレース(GOODWOODソープボックスダービー)カーなのでエンジンは搭載されていません。サスペンションの構造も?ですが、大いに気になります。弊社ラジコン部の生井部長も興味しんしんのようで、ひょっとしたらレースマシン製作?と言うところまで盛り上がっております。(英国遠征はナシ&開発予算はロータスの1/10000)
弊社ラジコン部によるソープボックスレース関連情報は不確定ですが随時ご案内して行きたいと思います。と、書いてる矢先に生井部長より「やりましょう!命名、、ソープボックス研究所!」で、何故か同席していた門橋さんが「じゃあ略して”ソープ研”で決定すね」と。書いて妖しく、言葉にするとラーメン屋さんのようなネーミングが誕生した瞬間です。今後毎月20日は”ソープ研の日”としてログ更新してまいります。

  

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ