記事一覧

◇ PPE 取り付けについて

ファイル 19-1.jpg

"PPE"はエンジン制御に関わる重要なセンサー部に接続します。作業ミスや手順不備によりエンジン故障や"PPE"本体の破損の恐れがありますので、取り付け作業は万一のトラブル発生にも的確に対応できる、診断機を備えた各自動車メーカー専門店にご依頼いただくことを推奨いたします。

"PPE"には、株式会社ハンズトレーディングが国内向けに独自発行する”取り扱い説明・保証書”を添付しております。説明書の内容をよく読み、内容をご理解頂いた上で装着して下さい。

"PPE"は100%適合を保証するものではありません。センサー類の個体差や劣化などにより、同一車種・グレード・年式のエンジンでもマッチング不良となる場合がございます。(万一の場合にはもちろん返品を承りますが、返品保証は最初にご購入いただいた一次ユーザー様に限ります。)

<<重要な注意>>
◇"PPE"は一定のチューニングリスク(※)を伴うエンジンチューニングパーツです。"PPE"のチューニング手法は、インタースター社の優れたノウハウを最大限に生かした安全な手法を採用しておりますが、ノーリスクではないことをご理解の上装着をお願いいたします。

◇添付の取付説明書(写真及び日本語注記入り英語版)を見ても装着手順がわからない場合には、絶対にご自身で作業を行わず、専門店や整備工場に取り付けをご依頼ください。(接続ミスによるPPE本体の基盤破損は保証いたしません。)

◇"PPE"のご検討に際し、不安な点やご不明な点がございます場合には、弊社までどうぞお気軽にお問い合わせ下さいますようお願いいたします。装着作業に関するご質問もOKです。

(※)ノーマル以上に出力をアップさせ、スポーツ走行を行うことによる車両各部に対する負荷の増加や、故障・破損頻度増加の可能性など、ごく一般的なチューニングリスクです。耐久性やディーラー対応を過度に気にされる場合にはノーマルのままで乗られることを強く推奨いたします。(当然ですが、"PPE"を装着していても、アクセルを踏み込まなければリスクはありません。)


*** インタースター社からの追加情報 ***

1)接続は確実に行われていますか?
装着直後、全く効果が体感出来ない、警告灯が点灯したなどの場合、接続(接触)や接続先、接続方向に問題があるかもしれません。直ちに全てのカプラーを一度取り外し、接続先や接続方向をよく確認してください。

2)ガソリンは良質ですか?
今まで調子が良かったのに突然警告灯が点等した場合、ガソリンに問題があることも考えられます。給油所を変更したりしてませんか?(PPE装着車にレギュラーガソリンは絶対に給油しないで下さい。想定外の燃料はエンジン故障のリスクとなります。)

3)センサーや補器類は正常ですか?
接続するエンジン側センサーやディバーターバルブなどの補器類が劣化していると正常にパワーアップを行う事ができません。(PPE装着により劣化したエンジンセンサー類の故障を誘発する可能性がありますが、このような場合には該当のセンサー類を新品に交換して下さい。)

4)センサーの個体差によるマッチング
同一車種・エンジンでも、センサーや補器類の個体差によりPPEの効果が出過ぎてしまう場合があります。もしも排気系エラーや過給圧系エラーが出てしまう場合には効果を微調整することが必要です。(調整方法はご購入店にお問い合わせ下さい。)

☆製品についてより詳しく誤解なくご説明させていただく為に、お電話でのお問い合わせをお勧めしております。メールにてお電話番号とご都合の良いお時間をお知らせいただければ、こちらよりご連絡させていただきます。どうぞお気軽にご利用下さい。(ご希望の日時に沿えない場合にはご容赦下さい。)