記事一覧

        アルキル何たら・・・?スゲッ!

またまた久々の更新になっちゃいました。。
すみません、頑張ります。

え~、ご存知の方も多いかと思いますが(笑)、弊社は進化する超高性能モーターオイル”パワークラスター”の代理店もやってます。パワークラスターの凄いところは「とにかく他社製品に性能で負けたくない!!」という、山本社長の強い強い性能追及への拘りが、ホントそのまま製品になっている点でしょうね。

もちろん私自身もお取引を開始して以来のパワクラユーザーであり、まぁまぁオイルには拘りを持って使っているわけですが、使うたびに「進化してるなぁ・・・」と感心しきり。何でも最近は、アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム・・・ではなく(←これは界面活性剤デスね)、<アルキルナフタレン>なるすんげ~素材?基材?を、他社同価格帯では考えられないほど大量投入してるらしいのですが、今度は高粘度PAOにエステルの比率に・・・と、、その辺りの話になると山本社長の話が白熱しだすので何やらチンプンカンプンな感じなんですけどね。。

私のクルマは非力なVW 2.0FSI(NA)エンジンだし、それほどガンガン飛ばすわけでもないので~(実はお小遣いが厳しいので、、)ってことで、日頃使っているのはパワークラスターチューニングオイルの入門グレード品”BILENZA(ビレンザ)0W-25~0W-30”なのですが、先月交換したオイルは走り出しから何やら違う!明らかに低速域のトルク感があり、エンジンも軽い。社長に聞いたら「アルキルナフタレン増量サービスしましたから~」とのこと。ホントにすごいんですね~。ありがとうございます!!

価格帯は BILENZA 3,000円/L、RACING 4,000円/L、SUPER RACING 6,000円/L ですので、エンジンオイルと捉えれば安くはありませんが、パワークラスターはあくまでも、エンジンパワーを最大限に引き出し、フィーリングを向上させる”チューニングパーツ”としてお考えください。「進化する超高性能」=新しい素材、高性能な素材やノウハウを積極的に取り入れ進化しているので、2~3年前の RACING よりも、今の BILENZA の方が高性能だそうです。そうなると今の RACING はどんな~!?でしょ。以前使って「パワクラは知ってるよ~」ってな方も、今のパワクラを是非ご体感下さい。

ちなみに以前もお話ししましたが、オイルの性能を語るのであれば同一オイルを最低2回以上連続使用されることを強く推奨いたします。高性能オイルは1度目の使用で古い皮膜やエンジン内部の汚れを落とし、新しく被膜を形成します。そこに新しいきれいなオイルが注入されることで本来の性能を発揮し始め、3回4回と使い続けることで完全な性能を発揮し、ライフも伸びます。1回で違う銘柄にするということは、本来の性能を発揮する準備が整ったところで洗い流しちゃうようなものなのです。これって非常に勿体ないことですし、本来の性能もわからないですよね。。

今回は、個人的にアルキルナフタレンのパワーに感動したので、そのお話しでした。性能を実感・体感できる超高性能モーターオイル、パワークラスターのご購入は、全国の専門店、または弊社にご相談下さい。業販も大歓迎です。「先ずは社用車、自家用車で」な、お試し量り売りにも対応いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

あ、、、写真が無い。。

  

        おススメ!!パワークラスターオイル お試し量り売りも承ります

口コミでリピーター続出の超高性能オイル、パワークラスター。もちろん私自身もパワクラ以外使う気がしないほど惚れてるイチオシオイルなので、何とか広く皆さまにもご利用いただきたいと思っているのですが・・・実はオイルの店舗導入って、大人の事情(?)もあって結構難しいんですよね~。。更にパワクラの高性能グレード品は基本20Lペール販売なので、お店に問い合わせても「扱ってませ~ん」ってパターンも多いようです。

と、言うことで、弊社ではメーカーさんの協力をいただき”量り売り”を開始させていただくことになりました!ご希望のオイルを、ご希望の粘度でご注文いただけますので、先ずはご自身のお車でお試しという店舗様、これまでペールの仕入れに躊躇していた店舗様は是非ともご利用いただきたいサービスです。もちろん個人オーナー様への直販もOKですので、お気軽に”担当/内田”までお問い合わせ下さいますようお願いいたします。


☆超高性能オイル BILENZA 2,500円~3,000円/1L
☆超超高性能オイル BILENZA RACING 4,000円~5,000円/1L

更にオイル基材レベルでの妥協を一切排した(※)、SUPER RACINGなるドえらいオイルもありますので、ご興味がある方はお問い合わせ下さい。(※「性能では絶対に負けない!!」鼻息荒い信念のもと、パワクラ山本社長が趣味で作っているようなオイルです。)

それぞれ粘度はご希望のもので調合可能です。基本的には現在ご使用中のオイルと同じ粘度をお勧めしますが、中間仕様えの調合もOKです。


なお、オイルの性能評価を行う場合には、基本的に2度続けて同じオイルをお使いいただくことで本来に近い性能となります。1回で新しいオイルに変えてしまう場合、実は初期フィーリングは以前のオイルにかなり引っ張られるんです。高性能オイルは優れたオイル被膜を形成しますので・・・使い続けないとホントはすごく勿体ないんです。。

ちなみにパワークラスターは2度3度と使い続けることでドンドン美味しくなります。これ、売り文句ではありませんよ。あ、エンジンブレーキは効かなくなります。。

ファイル 747-1.jpg
これは私のです。

  

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ